インコを放鳥する時に気を付けることは? | インコやオウムの色々な事+log

インコを放鳥する時に気を付ける事は?

インコを放鳥するときに気を付けることは?


インコにとって放鳥の時間は、自由に飛び回ったりして好きなように動けて、運動にもなる楽しい時間だと思います!

飼い主さんにとっても、インコとスキンシップをとったり遊んだり、素敵な時間を過ごせますよね!

なので、1日1回はケージから出して放鳥させてあげてほしいと思います。

放鳥は、インコにとっても飼い主さんにとっても楽しい時間ですが、実は油断をするととても危険な時間になってしまう事があります。

インコにとって、危険な事が起こらない時間になるように、注意していきましょう。

窓や編み戸は閉める

当たり前の事だと思いますが、毎日の事となると忘れてしまったりする日があるかもしれません。

ですが、1回窓や編み戸を閉め忘れたことで、2度と愛鳥に会えなくなる可能性があります。

インコを逃してしまったら、本当に探すのが大変です。

迷子のチラシを作ったり、インターネットに情報を載せたりしなくてはなりません。

早く見つけてあげないと、捕食されてしまったり、餓死してしまうかもしれません。

あとで後悔しない為にも、放鳥する時は必ず窓や編み戸を確認しましょう。

毒になるものは置いておかない

放鳥する前に、インコにとって毒になるものや、人間の味付けされた食べ物は片付けておきましょう。

アボカド、チョコレートは、インコにとって猛毒です。

観葉植物にも、毒になる種類があるので気を付けてください。

塗り薬や錠剤などの薬も片付けておきましょう。

ドアに挟まないように注意する

クリッピングをしていないインコは、家の中でも長い距離を飛ぶ事があります。

飼い主さんがトイレに行くときや、他の部屋に移動するときに、インコが追いかけてきて飛びながらついてくるときがあります。

ついてきていることに気がつかないでドアを閉めてしまうと、とても危険です!

おもいっきりドアを閉めたときに挟まれてしまうと、最悪の場合、落鳥してしまいます。

放鳥しているときは、なるべくドアは開けたり閉めたりしないようにしましょう。

火傷に気を付ける

当たり前の事ですが、料理をしているときは放鳥はしないで下さい。

キッチン回りはとても危険です。

火を使っていなくても、料理中は出さないようにしてください。

相性が良くない動物

犬や猫、ウサギやハムスターなどの小動物、相性が良くないインコ、オウム、フィンチには気を付ける必要があります。

お互いの相性を良く観察するようにしてみましょう。

相性が良くない場合や、どちらかが危険な目に合う場合は、放鳥時間をずらして同じ時間に放鳥をしないようにして下さい。

かじられたり壊されたくないものは隠しておく

大切な物、家具類など、かじられたり壊されたくないものは、隠しておくようにしてください。

壁紙をかじってしまう場合は、壁の前に物を置いて隠したり近づけないようにしましょう。

インコを放置しない

放鳥中は、必ず人が見ておくようにしてください。

出しっぱなしで放置されている状態だと、事故になりやすく危険です。

体が小さいと、どこに行ったのか分からなくなったり、足で踏んづけてしまったり、ドアで挟んでしまったりしやすくとても危険ですね。

まとめ

放鳥時間はインコと触れ合える大切な時間ですが、油断をするととても危険な時間になってしまう事があります。

上に書いた事以外にも、事故になる危険は色々あるので、放鳥中はインコから目を離さないようにしましょう!