インコ 季節の過ごし方 秋に気を付ける事! | インコやオウムの色々な事+log

インコ 季節の過ごし方 秋に気を付ける事!

インコ 季節の過ごし方 秋に気を付ける事は?


インコにとって、秋は過ごしやすい季節ですね。

ですが、やはり油断はできません。

秋になると、肌寒い日や、温度差が激しい日が増えてくるので、風邪をひいたり、体調を崩しやすくなります。

毎日の温度差に注意!

秋はヒーターの出番です!

必ずヒーターを準備してください。

肌寒い日や、温度差が激しい日は、ヒーターを使うと安心です。

インコの様子を良く見てください。

羽を膨らませていたり、じっとしていて動かないときは、寒がっている可能性があります。

寒いことで体力が奪われると、体調を崩しやすくなり、色々な病気にかかりやすくなります。

寒がっているときは、ヒーターで温度管理をしてあげてください。

換羽(とや)期

換羽期は、古い羽が抜け落ちて、新しい羽が生えてくる、羽の衣替えのようなものです。

自然界では、春と秋が鳥の換羽期だそうです。

ペットとして飼われているインコは、換羽期の時期は、その子によってそれぞれ違います。

換羽期は、羽の栄養を主に作る肝臓がフル回転する時期なので、体調を崩しやすくなります。

換羽が始まると、元気がなくなったり、下痢をしやすかったり、イライラ、怒りっぽい、噛みつきやすいなどの行動が出るかもしれませんが、この時期だけの行動なので、そんなに心配することはないと思います。

かまわれるのをいやがる場合は、そっとしておいてあげましょう。

換羽期は体力を消耗する時期なので、高タンパク質のものや、緑黄色野菜、青菜、ボレー粉など、栄養をしっかり取らせてあげましょう。

換羽期用のペレットや、サプリメントもあります。

素引きに適している時期

秋は、比較的過ごしやすい気候なので、素引きを考えているなら、春か秋が良いと思います。

親鳥の精神的、肉体的なストレスや負担が少なく、しっかりと栄養が取れていて、健康的であるように、親鳥をサポートしてあげましょう。

親鳥が健康的な事で、健康的な雛を産む可能性が高くなります。

ブリーダータイプのペレットや、雑穀類、青菜、緑黄色野菜、ボレー粉など、バランス良くあげましょう。

雛を迎えたら

この時期は、ペットショップにもインコの雛が多くなる時期です。

秋ごろに雛を迎えた場合は、必ずヒーターを準備してください。

一年のなかでは、比較的過ごしやすい気候になりますが、インコは、元々寒さに弱い動物です。

そして、雛だと尚更です。

秋は、1日の温度差が激しい日があったり、肌寒い日があったり、急に、本格的な寒さが来て、冬に入ったりします。

冬の時期になっても、中雛や、大人になったばかりのインコには、ヒーターが欠かせません。

必ずヒーターを準備して、雛の命を繋いであげてくださいね。

さいごに

秋の時期はインコやオウムにとっては過ごしやすい季節ですが、秋の次には冬がやって来ますので、油断ができない時期です。

秋から冬に変わる季節の変わり目には十分注意したいですね!

インコやオウムの命綱である、ヒーターや保温アイテムを上手く使っていきましょう!