シロハラインコ 種類 性格 特徴 寿命 育て方 | インコやオウムの色々な事+log

シロハラインコ

シロハラインコ 特徴 性格 飼い方は?


中型インコ

インコ科

オウム目インコ科シロハラインコ属

和名 白腹鸚哥

原産地 南アメリカ

全長 約23㎝

体重 約150g

平均寿命 約25年

シロハラインコは、ベネズエラやブラジルなどでつがいか少数の群れを作って生活をしています。

野生下での食事は、種子、フルーツなどを食べています。

同じシロハラインコ属

同じシロハラインコ属には、「ズグロシロハラインコ」という種類もいます。

シロハラインコとの違いは、頭黒白腹鸚哥(ズグロシロハラインコ)という名前の通り、頭部の羽の色が黒いです。

そして、ズグロシロハラインコよりもシロハラインコの方が珍しい色合いになるので、ズグロシロハラインコよりもお目にかかれる機会が少ないかもしれません。

その他に違いは無いようで、性格、頭以外の羽の色合い、体の大きさなどは同じですね!

仕草や動きが魅力的!

シロハラインコの特徴は、仕草や動きがとても魅力的で見ていて飽きない所です!

お腹を出してゴロゴロしたり、ケージの天井に逆さまにぶら下がって遊んだり、勢い良く首を左右に振ったり、とても活発におもしろい動きをしてくれる子が多いと思います!

明るくて人懐っこい性格

シロハラインコの仕草を見ても分かる通り、とても明るくて人懐っこい性格をしています。

スキンシップやコミュニケーションも大好きな子が多いので、1日1回は最低でもケージから出して、飼い主さんとスキンシップやコミュニケーションをとったり、バードジムで遊ばせてあげましょう。

ものまねはどちらかというと苦手

ものまねやおしゃべりはあまり得意ではないようです。

ものまねをして遊ぶというよりは、スキンシップやコミュニケーションをしっかりとって遊んだり、仕草や動きを見て癒される種類です。

鳴き声の大きさ

頻繁に鳴くわけではないですが、鳴き声は大きいです

集合住宅では防音対策は必須です。

一軒家でも防音対策が必要になるかもしれません。

防音壁、防音カーテン、防音アクリルケースで対策をしましょう。

ケージの大きさ

シロハラインコが両方の羽を広げたときにぶつからない大きさのケージが必要です。

シロハラインコは、とても活発なインコなので余裕のある大きさだとストレスも溜まりづらいと思います。

ケージの中にはおもちゃも入れてあげてください!

シロハラインコの食事

シロハラインコは、中型インコになるので、中型インコ用のミックスシードかペレットが主食になります。

シードの場合は、ひえ、きび、あわ、カナリーシードをメインに、ひまわりの種、麻の実、そばの実、サフラワー、大麦、えん麦、落花生などをあげます。

ペレットの場合は、シロハラインコに合ったものを選んでください。

副食は、青菜、緑黄色野菜、その他の野菜、バナナ、りんご、みかんなどのフルーツ、ボレー粉、カトルボーン、塩土などをあげます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする