インコの雛を迎える当日までに準備するものは? | インコやオウムの色々な事+log

インコの雛を迎える当日までに準備するものは?

インコの雛を迎える当日までに準備するものは?


インコの雛を迎える当日までに準備をするものは、色々あります。

雛を迎える当日中迄に、揃えておきましょう。

インコの雛を育てるという事は、簡単な事ではありません。

ですが、知識やコツをつかめば、すごく難しいというわけでもないです。

かけがえのない命が、しっかり健康に育つように、面倒を見てあげましょう。

インコやオウムの飼育本

インコの寿命は、小型インコでも10年前後あり、体は小さくても、比較的長生きです。

長い期間、家族の一員になる大切な命です。

快適に安心して過ごしてもらえるように、基本的な育て方の知識を知っておく必要があります。

最低でも、一冊は読んでおきましょう。

飼育ケース

インコが雛の間は、ケージではなく飼育ケースで育てます。

飼育ケースというのは、

  • インコの雛専用の飼育ケース
  • 水槽
  • 虫かご

この中の1つを、雛のお部屋として使います。

家にある、使っていない虫かごや水槽でも、綺麗に洗えば使えますよ!

雛専用の飼育ケースには、ケースの中に入れる止まり木や、雛にご飯をあげる専用のスプーンなどが付いたキットもあります。

ケースの下に敷くものは?

ケースの下に敷くものは、

  • おがくず
  • キッチンペーパー
  • ティッシュペーパー

などです。

誤って口に入ったり、かじってしまっても安全なものを使ってください。

下に敷いたものは、糞やエサで汚れるので、毎日取り替えて清潔にしてください。

小動物用のヒーター、温度計

インコの雛を育てる上で、ヒーターは欠かせないものです。

インコは、元々寒さに弱い生き物です。

雛になると、尚更です。

体が寒いと、そこから体力が奪われます。

体が弱ると、色々な病気にかかりやすくなります。

雛の時期に、万が一病気になってしまったら、健康な大人の鳥に成長できなくなる可能性があります。

とても大事な時期ですので、真冬は勿論ですが、春と秋の冷え込む時期や、冷房で冷えた部屋など、季節に関係なく温度管理をする必要があります。

なので、温度計もあると安心です。

  • 生後5週までの雛は、28℃前後
  • 5週以降は、26℃前後

を目安にしてください。

真夏の冷房での冷しすぎに注意してください。

冷房の風は、直接当たらないようにしてください。

小動物用のヒーターは、パネルタイプ、電球タイプ、フィルムタイプなど色々な種類があります。

ヒーターの置き方

パネルヒーターや、フィルムヒーターの場合は、ケースの下半分にヒーターをおきます。

残りの半分は、高さを合わせるために、本やタオルなどを置きます。

フィルムヒーターは薄いので、高さを合わせる必要はないかもしれません。

ケースの半分を温めることで、暑くなったときに、温めていない方に移動できるようにしておいて下さい。

インコの雛の食事、アワ玉とパウダーフード

雛の食事は、アワ玉とパウダーフードが基本になります。

アワ玉だけだと栄養不足になり、雛の時期に病気になったり、大人の鳥になっても体が弱く病気にかかりやすくなります。

パウダーフードは、ペットショップや、ホームセンターなどにあり手に入りやすいです。

エサをあげるための専用のスプーン

雛にエサをあげるための専用のスプーンがあります。

家にあるスプーンでも代用できます。

雛が食べやすく使いやすいものを選びましょう。

アワ穂、シード

雛の時期は、人間がさし餌をあげていますが、徐々に1人でエサを食べれるようにしていかないといけません。

そのために、アワ穂、シードが必要になります。

初めは、ショップであげていた回数と同じ回数のさし餌をします。

その時期に、ケースの中に渇いたアワ玉やシード、アワ穂を入れておきます。

渇いたアワ玉やシードは、下に撒いておくか、置くタイプのエサ入れにシードを入れて、雛の家の中に入れます。

そのうち、興味津々になって突っついたり食べたりし始めます。

渇いたエサを食べ始めたら、飲み水もケースの中に入れます。

渇いたエサを食べていることを確認したら、少しずつ、さし餌を減らしていきます。

例えば、朝、昼、夜、あげている場合は、最初に昼を止めます。

大丈夫そうなら、次は朝を止めます。

最後に夜を止めます。

さし餌をひとり餌に切り替えるのは時間がかかりますし、スムーズにはいかないものです。

目の前に渇いたエサがあっても、飼い主さんを見ると、「ジャージャー」とごはんちょうだいの催促をしてきます。

その子によってそれぞれペースがあるので、焦らずに切り替えてくださいね!!

まとめ

インコの雛を育てる為に、準備する物は、

  • 飼育本
  • 飼育ケース
  • 飼育ケースの下に敷くもの
  • アワ玉
  • パウダーフード
  • さし餌専用のスプーン(家にあるスプーンでも代用可能)
  • 小動物用のヒーター
  • 温度計(湿度計もあると便利)
  • アワ穂
  • シード

です。

これは、インコの雛を育てる上で、最低限必要になるものです。

上に書いてある以外の物でも、欲しいものがある場合は購入しておいてくださいね。