インコが暑いと感じているときのサインは? | インコやオウムの色々な事+log

インコが暑いと感じているときのサインは?

インコが暑いと感じているときのサインは?


インコは南国育ちの子が多く、寒さに弱い傾向があります。

南国育ちで、寒さに弱いっていうことだったら、暑さには強いんだ!と思ってしまいますが、実は暑さに強いということでもなく、暑い季節にも注意が必要です。

日光浴は部屋の中で!

過ごしやすい春が終わり、夏に入り始めたとき、春の時と同じように日光浴をしていると、熱中症になってしまう可能性があります。

最近少し暑くなってきたなと思ったら、外ではなく、部屋の中で日光浴をするようにしましょう。
普段から、部屋の中で日光浴をしている場合は、ケージが置いてある場所に、直射日光が当たらないか、窓際付近で暑くないか、再確認しましょう。

日光浴をする時間帯は、日差しが強くない午前中が狙い目です。

もし、午前中の早い時間に間に合わなかった場合は、部屋の中の直射日光が当たらない場所で、普段より短い時間で終わらせるようにしてください。

暑い時期に日光浴をする場合は、部屋の中であっても放置はしないでください。

時々様子を見るようにしましょう。

インコが暑いと感じているときは?

インコが暑いと感じているときは、体から少し羽を浮かせているときです。

そして、体全体の羽毛がペッタリと体にくっついていて、普段より細く見えます。

そして、口を開けてハァハァ息をしているときは、かなり暑いと思います。

そんなときは、すぐに部屋の中の日陰に移動させてください。

家でできる事は?

もしインコが暑そうにしていて、体調が良くなさそうだったら、早く体を冷やしてあげたいですよね?

インコの体を冷やす方法は、

  • 涼しい部屋に移動させる。部屋の中が暑ければ冷房を入れる(冷房の風はインコに当たらないように!)
  • 水を飲ませる
  • 水で冷やすときは足だけ濡らしても良い(羽は水で濡らさない)

インコが暑がっていて、体調が良くなさそうな時に、自分でできることはこれくらいだと思います。

人間が暑いときは、冷房の風を強にして、ガンガン風を浴びたり、冷たいシャワーを浴びてスッキリしたいですが、インコには全く通用しません。

暑がっていても、冷房の風を当てたり、水で羽を濡らすことはしないでください。

余計に体調が悪くなる可能性があります。

インコの体調が回復して、落ち着いてきたら、インコを診れる病院で診てもらいましょう。

インコが留守番をするときも注意が必要

夏の暑い時期に、インコを留守番させるときも、熱中症対策が必要です。

暑い時期は、部屋の中の温度も上がりやすいです。

誰も部屋にいない日中は、特に気を付けるようにしましょう。

インコを留守番させて外出するときは、冷やしすぎないように、冷房を高めの温度に設定して、冷房の風は当たらないようにするか、風無しに設定すると良いと思います。