ジャンボセキセイインコ 種類 特徴 性格 寿命 育て方 | インコやオウムの色々な事+log

ジャンボセキセイインコ

ジャンボセキセイインコの特徴、飼い方は?


ジャンボセキセイインコは、名前の通りでセキセイインコがジャンボになったタイプなんです!

色変わりは知っていましたが、ジャンボになった種類もあるんですね💡

ジャンボセキセイインコ

全長 ジャンボセキセイインコ 約23㎝

セキセイインコ 約20㎝

体重 ジャンボセキセイインコ 45~   60g

セキセイインコ 約35g

寿命 ジャンボセキセイインコ 約8年

セキセイインコ 約8年

品評会用に改良された品種

ジャンボセキセイインコは、元々はヨーロッパを中心に、品評会用のセキセイインコとして体を大きく改良した品種なんです!

そして、昭和40年代に日本にも輸入されるようになったそうです。

体のシルエットにはこだわりがあり、ボリュームのある大きな前頭部が張り出していて、前頭部の羽で目を覆うほど良いとされています。

他には、スロートスポットと言われる頬の辺りにある黒い斑点が在来種よりも多く、彫りの深い顔立ち、胸を張った立ち姿が特徴的です。

ジャンボセキセイインコの性格は?

体が大きい事もあって、どちらかというと穏和でおっとりした性格をしています。

在来種のセキセイインコは人に良くなついてくれますが、ジャンボセキセイインコの場合は、雛から人間が育てれば手乗りになってくれますが、人間と一定の距離を保ちやすい傾向があります。

一定の距離を保ちやすい部分は、人間からすると寂しい気持ちもありますが、人間に依存することがあまり無いので、少しのスキンシップやコミュニケーションでもインコ的には大丈夫ということになるんですね。

人間からすると寂しさもありますが、依存心が少ない分お世話が楽という利点もあります。

珍しい品種

ジャンボセキセイインコは、ペットショップに行っても殆ど見かけない珍しい種類だと思います。

もし家に迎えたい場合は、

  • ジャンボセキセイインコを扱っているブリーダーの方から迎える。
  • ペットショップに相談をして、ジャンボセキセイインコが入ってきたら連絡を貰えるようにする。
  • インコ専門店に行ってみる。

など、連絡を貰えたり予約が出来るか相談をしてみた方が良いと思います。

インコやオウム専門店は、鳥の扱っている種類が豊富なので比較的手に入りやすい可能性があります。

ケージの大きさ

ジャンボセキセイインコは体が大きめなので、在来種と同じ大きさのケージだと、ストレスや運動不足になり環境的に良くないです。

尾羽も長めなので、オカメインコ用のケージの大きさを準備してあげましょう。

ジャンボセキセイインコの食事

食事の内容は、在来種のセキセイインコの食事内容と同じで大丈夫です。

セキセイインコ用のペレットかシード(あわ、ひえ、きび、カナリーシード)を中心に、青菜、緑黄色野菜、ボレー粉、カトルボーン、塩土、おやつ(えん麦、そばの実、フルーツなど)をあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする