季節の野菜をあげよう! | インコやオウムの色々な事+log

季節の野菜をあげよう!

  • 季節の野菜をあげよう!

その時期に沢山採れる旬の野菜は、とても美味しく、栄養価も高く、体に良い食べ物ですよね!

栄養価が高くて美味しい野菜は、人間だけでなく、インコやオウムにとっても体に良くて食を楽しめると思います。

そして、旬の野菜はその時期にいっぱい採れる事から、お値段も普段より安く購入できるので、その点でも助かりますね!

インコやオウムに健康的に過ごしてもらうためにも、食の楽しみを経験させてあげるためにも、旬の野菜を積極的にあげるようにしましょう!

※インコやオウムの事はまだ解らないことが多く、あげても良い食べ物には賛否両論あると思います。

ここに書いてある事は参考程度に留め、気になる事がある場合は獣医師に相談してみましょう。

インコやオウムにおすすめの旬の野菜は?

アスパラガス

グリーンピース(茹でる)

セロリ(葉の部)

パセリ

ブロッコリー(葉、茎の部分)

ブロッコリーは、上のつぼみの部分はインコやオウムにはあげない方が良いそうです。

葉や茎の部分は、汚れていたり傷んでいる所を取ってからあげるようにしましょう。

とうもろこし

枝豆(茹でる)

ピーマン

ズッキーニ

豆類は、生のままだと中毒をおこす恐れがありますので茹でてからあげるようにしましょう。

とうもろこしは、生のままだとあくや癖が強く、食べづらいと思っていましたが、茹でたとうもろこしはそのうにカビが生えやすいという意見もあります。

かぼちゃ

さつまいも

チンゲン菜

にんじん

サラダ菜

さつまいもは、ふかしたり茹でたりしてからあげましょう。

かぼちゃ

さつまいも

小松菜

水菜

春菊

気を付けることは?

枝豆などの豆類やとうもろこしには塩は付けないでください。

旬の野菜であっても、味付けされた人間用の食べ物はあげないでください。

旬の野菜はとても体に良いですが、野菜の種類によってはインコやオウムにあげると毒になってしまったり、あまりあげない方が良いと言われている野菜もあります。

なので、事前にインコやオウムにとって良くない野菜を調べておきましょう!

いつもの好物の野菜もあげつつ、旬の野菜もあげるようにする事で食事に変化が出ますし、食事を楽しむこともできますが、インコは元々臆病な性格をしているので、見慣れない野菜を見て怖がるかもしれません。

初めてあげるものはなるべく小さめに切って、「美味しいよ!」と言いながらあげてみたり、飼い主さんが食べるフリをしてみると真似をして食べてくれるかもしれません。

複数鳥を飼っている場合は、他の子が食べているのを見て食べてくれるかもしれません。

もし怖がって食べれない場合は、無理にあげるのはやめるようにしましょう。

まとめ

季節の野菜は、

  • 栄養価が高く美味しい。

  • 旬の野菜はその時期に沢山採れるので値段が安い。

気を付けることは、

  • インコやオウムにとって良くない野菜はあげないようにする。

  • 旬の野菜であっても人間用に味付けされたものはあげないようにする。

  • 豆類は必ず茹でたものをあげる。

  • 枝豆やとうもろこしは余計な塩分を取らないように塩は付けないようにする。

でした!

旬の野菜をあげる事はとても良い事ですが、インコやオウムにあげる食べ物には賛否両論ありますので、心配な事は獣医師に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする