急に鳴き始めた時 鳴きやまない時は? | インコやオウムの色々な事+log

急に鳴き始めた時 鳴きやまない時は?

急に鳴き始めた時 鳴きやまない時は?

いつも通り穏やかに過ごしていると、突然「ピピピッピピー」と鳴き始めて騒ぎ始めることがありませんか?

何かを知らせてくれているようにも思えます。

何が起きたんだろうと不思議になりますが、理由は色々とあるようです。

満足している時やリラックスしている時は、急に騒いで鳴いたり、鳴きやまないということは無いと思いますので、何か必ず理由があって訴えているのだと思います。

急に鳴き始めた時や、鳴きやまない時は、理由を探してそれに合った対応をしてあげましょう。

身の危険を感じている

いきなり騒ぎ始めるように鳴く場合は、身の危険を感じている場合があります。

例えば、ベランダにケージを出して日光浴をしている時にいきなり騒ぎ始めた場合は、カラスや猫などの外敵がインコを狙って近くに来た可能性が高いです!

このような場合は緊急事態ですので、インコの鳴き声が聞こえたらすぐに向かいましょう。

そして、外敵を追い払って家の中にケージを戻してあげましょう。

カラスは頭が良いので、ここにはインコがいるんだと学習する可能性が高いです。

別の日にまたインコを狙って同じ場所に来る可能性があります!

なので、当分の間はベランダには出さない方が良いかもしれません。

または、ベランダに出している間は目を離さないようにした方が良いです。

そして、日光浴はベランダに出さなくてもできますので、危険を侵して無理に外に出す必要はないです。

部屋の中の網戸越しでも充分日光浴はできます!

気を付けることは、ビタミンD3を合成させるためにも窓ガラスはあけるようにしましょう。

そして、猫やカラスは網戸を開けて入ってくる可能性もあるので、網戸を開けられないようにしたり、対策を考えた方が良い場合もあります。

野鳥の鳴き声に反応している

窓を開けて網戸越しに日光浴をしている時に、外から野鳥の鳴き声が聞こえてくることがあります。

その時に、野鳥の鳴き声に反応して、インコが鳴き続ける事があります。

インコが反応をすると、野鳥も反応してくれるというのを何回も繰り返すことがあり、鳴き声は大きめですが、見ていてとても微笑ましい光景になると思います!

エサ、おやつ、野菜が足りない、欲しい

ケージの中のエサが足りない、もしくは無い、野菜が無い、飲み水が無い、おやつが欲しいという理由で鳴き始める事もあります。

急に鳴き始めた時や、鳴き声が止まらない時は、1度ケージの中のエサ、野菜、水を確認してみてください。

殻付きのエサは、エサがあるように見えて実は殻だけだったなんて事もあります!

インコは、食べ物を体の中に貯めておくことができませんので、1日でも何も食べられない日があると死の危険が出てきます。

エサは毎日殻を捨てて、エサがどれくらいあるのかを必ず確認するようにしてください。

飲み水や野菜も、毎日新鮮なものに取り替えましょう。

まとめ

急に鳴き始めた時 鳴き声が止まらない時は、

  • 身の危険を感じている可能性がある。

  • 野鳥の鳴き声に反応している。

  • エサ、おやつ、野菜が足りない。欲しいと訴えている。

この他にも理由がある場合があります。

急に鳴き始めたり、鳴き続けている場合には、原因を探してそれに合った対応をするようにしましょう!