インコとフィンチを簡単に見分ける3つの方法とは? | インコやオウムの色々な事+log

インコとフィンチを簡単に見分ける3つの方法とは?

インコとフィンチを簡単に見分ける3つの方法とは?

インコとフィンチは同じ鳥類なので、パッと見る限りでは違いが分からないかもしれません。

ですが、良く見てみると、似ているけどどこか違うな?と目で見ても分かる所があると思います。

インコとオウムを見分けるよりは、簡単なのではないでしょうか?

では、インコとフィンチを見分ける違いは、どこで見分けることができるのでしょうか?

1、 脚の指

実は、インコとフィンチの脚の指の形は全く違います!

なので、違いが分かりやすいですよ!

インコの脚の指は、前2本、後ろ2本です。

フィンチの脚の指は、前3本、後ろ1本です。

2、 歩き方

歩き方も、インコとフィンチでは全く違うんですね!

インコの歩き方は、脚を左右交互に出してトコトコと歩きます。

フィンチの歩き方は、雀と同じように両方の脚を同時に動かして、ピョンピョンと跳んで歩きます。

3、 くちばしの形

くちばしの形も、インコとフィンチでは違いがハッキリしていて分かりやすいです。

インコのくちばしは、上のくちばしが大きくて目立ちます。

下のくちばしは小さめです。

フィンチのくちばしは、両方とも同じくらいの大きさをしています。

同じ鳥類でも種類は別物

インコとフィンチは、同じ鳥類になりますが種類は全くの別物になります!

インコは、オウム目インコ科ですね!

セキセイインコ、コザクラインコ、マメルリハ、サザナミインコ、ナナクサインコ、コンゴウインコ、ヨウム、ウロコインコなどがいます。

フィンチは、スズメ目アトリ科、スズメ目カエデチョウ科の、種子、雑穀を好む円錐(えんすい)形のくちばしを持つ種類の事だそうです。

カナリア、コキンチョウ、キンカチョウ、十姉妹などがいます。

他にも違いはある!

3つの他にも違いは色々あると思います!

インコは人間の言葉を真似することが上手な種類が多いですが、フィンチは人間の言葉を真似することはできません。

そして、人間に飼われている種類のフィンチは、基本的に体の大きさがとても小さいですよね!

特に脚はとても細くて、そーっと触ってあげないとすぐに折れてしまうのでは?と心配になるほどです。

インコも、小型インコは体が小さいですが、フィンチほど小さくはなく、脚の太さも見ていて心配になるほどの細さではないです。

まとめ

インコとフィンチを簡単に見分ける方法は、

  • 脚の指
  • 歩き方
  • くちばしの形

でした!

見た目以外にも、習性、エサの好みなど、注意深く観察してみると、まだまだ違いが見つかるかもしれません!