スズメはどんな野鳥なの?特徴 鳴き声など | インコやオウムの色々な事+log

スズメはどんな野鳥なの?特徴 鳴き声など

分類 スズメ目スズメ科

和名 雀

英名 Tree Sparrow

全長 約14.5cm

分布地区

スズメは基本的には留鳥(りゅうちょう)と言われていて、どこからか渡ってきたり移動する事はあまり無く、同じ地域で生活をしている種類になります。

日本では全国各地で季節を問わず、一年中見かけることが出来る種類なので、良く見かけることがあると思います!

そして人間の近くで生活をする傾向があり、公園、家の屋根、庭など、自然のある場所や敵から身を守るために隠れやすい場所に生息している事が多いです。

鳴き声

普段の鳴き声である地鳴きは、「チュンチュン」「ジッジッ」と鳴く感じです。

そしてさえずりの鳴き声は「チィコロコロコロ」「チィチィ」と鳴きます。

とても綺麗な鳴き声で、機嫌が良い時には長い歌を歌ってくれることもあります。

野鳥の中でもとてもポピュラーな種類!

スズメと言えば、昔から野鳥の中で一番知っている人が多いのでは?と思えるほどに、日本でとてもポピュラーな種類ですね!

そしてスズメは昔から人間の近くに生息する傾向があるので、赤ちゃんや小さな子供でも名前や姿を覚えやすく、童謡やことわざにもスズメが使われている事もあり、日本では昔から親しまれている事が伺えます。

羽色はシックで綺麗な色合い

スズメの羽の色合いは、外を飛んでいるスズメをパッと見る限りでは全体的に茶色がメインでシックで地味めな色合いに見えます。

ですが良く見てみると、頬や首回り、背中の羽に白色が入り、目からくちばし、喉の辺りに黒色の模様、頬から耳の辺りにかけてはチークパッチのような黒色の模様が入っていて、お腹の辺りは薄茶色をしており、シックな色合いですが綺麗な羽の模様が入っていて、とても印象的で素敵な色合いをしています!

ホッピング

スズメと言えば、ピョンピョンと小さく飛びながら歩く姿を思い出しますね!

このピョンピョンとホッピングをする姿はとても可愛らしく、その姿を見つけた時にはつい見とれてしまう事が多いです。

脚は、体が小さいこともありとても細くて、前足3本と後ろ足1本です。

穀物を好む種類

スズメは基本的に穀物を好む種類になります!

アワ、キビ、ヒエ、米などを好んで食べる傾向があるので、小型インコ用やフィンチ用のエサも好んで食べてくれると思います。

穀物以外に好んで食べる物は、イネ科などの植物の種、昆虫などの虫、果物、花の蜜、パンなどがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする